タトゥー除去の治療法の1つである炭酸ガスレーザーの基礎知識

タトゥー除去の治療法の炭酸ガスレーザーとは

炭酸ガスレーザー治療法の特長

炭酸ガスレーザー治療法とは炭酸ガスレーザーを使用しタトゥーを物理的に破壊し除去する方法です。炭酸ガスが発振物質となりレーザーを使用し、水に吸収される性質があるのでレーザーを当てると組織を分解することが出来ます。浅く深さが一定なタトゥーに適していると言えます。皮膚組織の大半が水分で構成されていて炭酸ガスレーザーは水分に吸収されることにより強力な熱を発し組織を破壊するので、浅いタトゥーは1度で除去することが可能ですが深いタトゥーは2回から3回程レーザー治療が必要になります。

炭酸ガスレーザー治療法のメリットデメリット

まず炭酸ガスレーザー治療法のメリットは局所麻酔の注射を使用することでほぼ無痛である点、メスによる治療と比較し傷が浅くて済む点と細かい部分に対応出来る点と言えます。さらに炭酸ガスレーザーは凸凹のある部分、メスを入れにくい場所にあるタトゥーを除去することが出来ます。次いで炭酸ガスレーザー治療法のデメリットを挙げると傷が完治するまでに1ヶ月程かかる点です。さらにレーザー治療といっても肌の細胞組織を破壊するので傷痕が残ってしまう点です。

炭酸ガスレーザー治療法の相場

タトゥー除去にかかる費用はクリニックによって違いますし、さらにタトゥーの大きさ、色、深さなどによってもかなり異なります。なので一概に相場というのは難しくあくまで参考程度となりますが、炭酸ガスレーザー治療法の費用の相場は10cm×10cmで1回10万円程度と言えます。つまり深いタトゥーだと3回レーザー治療を行うことになるので30万円程かかることになります。