皮膚に対するリスクは高くなる?タトゥーを除去する3つの方法

20代の頃にファッションとして体の一部にタトゥーを入れてしまった人もいるでしょう。しかし年齢を重ねていくと体の一部にタトゥーが入っていると周囲の人から印象が悪くなってしまうので除去しなければいけなくなってしまいます。そこでタトゥーを除去する方法をいくつか挙げていく事にしましょう。

手術を受けて除去

タトゥーを除去するのにまず挙げられるのが手術を受ける方法があります。タトゥーが入っている部分の皮膚を切開して残った皮膚で縫合していきます。タトゥーが小さい場合は1回の手術で終了しますが、大きい場合は2~3回手術を受ける事になります。また皮膚を切開するので傷跡が残ってしまいます。

レーザーを照射して除去

タトゥーが入っている皮膚にレーザーを照射していく方法で除去する事が出来ます。皮膚にレーザーを照射すると火傷の症状が出るので新しい皮膚に再生されていきます。それによりタトゥーが消えていきます。しかしレーザーを照射していく時は最低でも5回は必要になってくるので皮膚に対するリスクは高くなってしまいます。特にアレルギー体質の人は注意が必要です。

ファンデーションテープで隠す

手術やレーザーでタトゥーを除去する時は皮膚に対するリスクは高くなってしまうのでファンデーションテープで隠す方法もあります。ファンデーションテープは肌色なので貼る事でタトゥーを綺麗に隠して除去したように見せる事が出来ます。皮膚に対するリスクもないので安心です。